2008年04月20日

【第20話】副業

全くひとりのデザイン工房ですのでデザイン画を描いてお客様にご提案→型紙→仮縫い→本縫製まで完全にひとりでやっていました。

でもドレスの注文は忘れた頃にしか入ってこない状況でしたのでまだ手があまっていました。

ドレスだけでは全然、仕事として成り立たないので色々な事をしていました。

ショップ名も「ウエディング工房てく・まりんぼ」では無く、「ビジュアル工房てく・まりんぼ」と言う名前でした。

外注で企業のパターン(型紙)を受けたり、夫が『結婚式速報新聞』と言う仕事をしていたりしていました。

『結婚式速報新聞』と言うのはこんな感じの新聞です。
速報新聞.jpg

式場にカラーレーザープリンターとパソコンを持ち込みます。

結婚式当日の模様を取材して記事にして披露宴のお開きの時ゲストの皆様に「号外です!」と言って配ります。

さっきまで自分が参加していた披露宴の模様が新聞になって手渡されるのでゲストの方の驚きは相当なものです。

A3サイズのフルカラー印刷。

時間との戦いでプリンターの調子が悪かったりしたらヒヤヒヤものです。

スリルあふれる仕事でした^^;






posted by まりんぼ at 13:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (18〜20話)ウェディングに舵を切る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする