2005年11月18日

【第5話】彼、父に会う

いざ結婚が決まって彼が私の両親にあいさつに来た時の事。

いきなり私の父親が初対面の彼に向かって「あんた、給料なんぼもらってるんや?」

かなり個性的な父で、色々なびっくり発言には母と私は慣れているのでその程度の発言は何とも思いませんでしたが彼は驚いたようでした。

ところで結婚に関して大きな問題を彼と私は忘れていました。

   ・・・・・お金がない・・・・・特に彼。

何はともあれその日から1年後の結婚に向かって猛然とふたりで貯金を始めました。
何とか、教会での結婚式とハネムーン費用は捻出できる運びとなりました。

でも問題はまたまた父。結納も披露宴もしないと決めていたのに父が「そんな事は許さん!」と怒りまくり、結局するはめになってしまいました。

今思っても結納と披露宴はしなければ良かったと思っています。

でも、でも一番のお楽しみはやっぱりウエディングドレス。

自分のウエディングドレスは絶対自分で作ろうと決めていました。


posted by まりんぼ at 16:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (3〜8話)恋愛そして結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第4話】それってプロポーズ?

私の26才の誕生日。大阪梅田のジャズバーの様なお店で彼とふたりでお酒を飲んでいました。

とりとめも無い話をしながら彼がポケットから出したものは、指輪。では無くて、賃貸情報誌の
たーくさんの切り抜き。しかもどれも似たような価格帯。

彼「これ見て。」 私「(心の中で)見たけど、それが何なの。」

??????

彼「自分の給料では住める所はこんな感じかな。」

???それってプロポーズ???

今でもそれは謎です。^^;

その次の言葉がすこーし腹が立つんです。

「僕は男やからまだいいけど、奈美ちゃん、もういい年やし・・・」

どっかーん!!私のために結婚するんかい!と思ったけど、やっぱり嬉しかった・・・

でも、彼の集めた切り抜きの倍位の家賃、スペースに住もうと心の中で思ってました。

だって、仕事を辞める、というのは私の選択肢の中にはなかったから。

そしてもうひとつ。子供は私はいらない。と思っていました。

ふたりで面白おかしく一生送ってやろう、という考えでした。
posted by まりんぼ at 16:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (3〜8話)恋愛そして結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする